小さいバストで悩んでいる人は多いですが、バストアップは簡単でなおかつ効果が感じられなければなかなか続けられませんよね。

いろんなバストアップ法がありますが、簡単に越したことはありませんよね。

今回は、簡単にできるバストアップ法をご紹介します。

バストが小さい原因は身近にあった!?

産後の悩みバスト-742x525

引用:https://mamahada.jp/

バストが小さいと悩む人の多くは、その原因は遺伝によるものだと考え、諦めてしまいます。

しかし、実は遺伝は貧乳の原因としては3割程度しかなく、ほとんどは別のところに原因が潜んでいます。

そして、その原因の多くは普段の生活習慣が関係しています。

冷え

女性に多い冷え性。

冷えは体の血流を悪くしてむくみや代謝を下げるなどの原因として知られますが、実はバストにも深く関わっています。

バストは90パーセントが脂肪10パーセントが乳腺で形成されています。

乳腺を刺激することで、乳腺が発達すると、その周りに脂肪もつきやすくなるので、バストアップ効果が得られます。

その乳腺は、女性ホルモンによって刺激を受けますが、冷えにより血流が滞ってしまうと、その女性ホルモンがきちんと乳腺まで届かないのです。

姿勢が悪い

普段からデスクワークの仕事であったり、PCやスマートフォンを長時間触ることの多い人は、姿勢が前傾になりがちで、猫背になってしまいます。

バストは、筋肉の土台の上に脂肪がついているため、姿勢が悪いことで、バストを支える胸の筋肉が衰えていると、バストが垂れたり、脂肪が背中やお腹に流れてしまいバストが小さく見えてしまうのです。

下着があっていない

下着の締め付けがきつすぎると、胸の周りの血流が滞ってしまいます。

逆に大きすぎる下着を着けていると、形が崩れるたり、外や下に脂肪が流れてしまいます。

自分のバストのサイズをきちんと把握して、自分に合った下着を身につけなければ、綺麗なバストを作ることはできません。

不規則な生活

寝る時間や、食べるものなど、毎日規則正しい生活を送れていないと、バストアップに効果がある女性ホルモンの分泌が不規則になります。

睡眠不足が続いたり、カロリーの高すぎる食事や添加物の多い食事などはホルモンバランスを崩す大きな原因です。

運動不足

先述したように、バストは筋肉の上に脂肪がついて出来上がっているので、運動不足で筋肉が衰えていると、バストが垂れて下がってしまいます。

いくら脂肪がついていても、その脂肪を支える筋肉がなければ意味がありませんよね。

また、運動不足がつづくと血行が悪くなり冷えやすい身体になってしまいます。

バストアップのために必要なことは?

images

引用:https://matome.naver.jp/odai

バストが小さいという人は、誰もが1度はバストアップ法を試したことがあるでしょう。

筋トレやエクササイズ、食べ物やサプリメント、矯正下着など、さまざまなバストアップ法がありますが、どれも効果を得られなかったという経験をした人も少なくないはずです。

バストが小さい原因は遺伝だけではなく、普段の生活の中にあることをお伝えしましたが、まずは、その原因を取り除いた上で、バストアップ法を試す必要があります。

バストアップのために例えば筋トレを試しても、普段姿勢が悪くて、せっかく鍛えた筋肉を衰えさせていては意味がありませんし、サプリメントをどんなにとっていても、不規則な生活をしていては意味がありませんよね。

バストを小さくしてしまう原因を取り除いたうえでバストアップ法を試せば、これまで得られなかった効果を得られる可能性があります。

簡単バストアップ入浴法

a3114-ttl-page

引用:https://www.supkomi.com/

生活習慣を見直した上で、試していただきたいおすすめのバストアップ法が、毎日の入浴時間を効率よく利用した方法です。

入浴はバストアップにとても良い効果があります。

しっかりと湯船に浸かって体を温めることで、血流が良くなり、女性ホルモンをきちんと循環させられる以外にも、老廃物をきちんと体外に排出することができます。

また、お風呂に浸かることでリラックスできると、副交感神経が働き、女性ホルモンの分泌を効率よく促すことができます。

毎日必ず行う入浴という行為が、実はバストアップの効果が期待できるのは嬉しいですよね。

正しい入浴法

バストアップの効果を効率よく高めるための正しい入浴法をご紹介します。

入浴により、血流改善やリラックス効果を高める為には、体を芯から温めることが大切です。

そのため熱いお湯にさっと浸かるのではなく、39度から40度のぬるめのお湯に20分以上ゆっくり浸かることがポイント。

入浴は、リラックス効果が期待できますが、実はかなり体力を消耗する行為でもあります。

そのため、食後30分は入浴を避け、しっかりと水分補給をした上で行いましょう。

そして、入浴後は体を冷やさないようにしましょう。

お風呂できるバストアップマッサージ

o0480032014112836376

引用:https://ameblo.jp/koukenmind

20分何もせずにお風呂に浸かるのは手持ち無沙汰になってしまうので、この時間を有効に使う方法として、簡単なバストアップマッサージをご紹介します。

◎やり方

  1. 右手で左の肩甲骨のあたりを軽く押さえます。
  2. 背中の贅肉を胸のほうに寄せてくるように、手を胸のほうに滑らせ、乳房までマッサージします。この時、リンパを流すように行うのがポイントです。
  3. 20回ほど繰り返します。
  4. 反対側も同様に行います。

このマッサージは、入浴を始めてから、体がポカポカしてじんわり汗をかくぐらいに、体の血流が良くなったところで行うと高い効果を得られます。

お風呂でできるエクササイズ

de62b69b0ce49afb4f60a5648a97a5a8

引用:https://slim-love.com/arm-diet/3399

マッサージと合わせて、とても簡単なエクササイズもご紹介します。

お風呂で行うことで、水圧がかかりエクササイズの効果をより高めることができます。

◎やり方

  1. 胸の前で合掌のポーズをとります。
  2. 腕の付け根の筋肉を意識しながら、手のひらを押し合います。

このエクササイズにより、大胸筋という胸の土台となる筋肉を鍛えることができます。

姿勢を正して胸を張って行うことがポイントです。

このエクササイズも、血流がが良くなった頃合いで行うと効率を上げることができます。

ナイトブラもおすすめ!

入浴による簡単なバストアップ法をご紹介しましたが、つけるだけでバストアップが期待できるナイトブラもおすすめです。

寝るときにつけることで、横たわっていてもバストの脂肪が流れるのを防ぐこともでき、そのほかにもバストアップ効果が期待できます。

♦︎アゲール プレミアムナイトブラ

Screenshot_16

引用:http://kintore-diary.com/160328.html

このナイトブラ は、他社のものと同様に、背中やお腹の、脇に脂肪が流れるのを防ぎ、バストを寝ている間も形良くキープする矯正下着としての役割はもちろん、強圧パワー生地を採用しておりリンパの流れを作り血行改善し、乳腺を刺激してバストアップさせる効果まで期待できます。

着ているだけで、バストをリフトアップし、筋トレやマッサージをするのと同じような効果を得ることができます。

→Agelu Premiumナイトブラの公式サイト

まとめ

バストの悩みを抱える人はとても多く、小さいと言うだけではなく、形なども悩みの種ですよね。

しかし、バストアップは毎日の継続が大切なので、効果がないとすぐに諦めてしまっては意味がありません。

バストアップ法できちんと効果を得るためには、バストを小さくしてしまう原因をまずは改善することが大切なのです。

その上でバストアップ法を行えば、簡単なものであってもきちんと効果を得られる可能性が上がりますし、長く続けていくことができます。

毎日の入浴は、実はバストアップにつながる嬉しい効果がたくさん期待でき、ゆっくりした入浴時間をより有効に使えば、効率良いバストアップが可能になります。

ぜひ試してみてくださいね!