2引用元:http://bustup.pink/

胸の大きさや形に関係なく、胸を適正にサポートして垂れやヨレを防ぐブラジャーはとても大切なものですよね。

最近ではナイトブラを着用して育乳する人が増えているのをご存知でしょうか。

そこで今回は、ナイトブラを使って育乳したい人のために、ナイトブラのあれこれを調べてみました。

バストに丸みがあるヒミツ

3引用元:http://by-s.me/

昼間はブラジャーをつける人は多いですが、意外と寝るときは窮屈だといってつけない人が多いんですよね。

たとえ、寝るときにつけていても、昼間のブラジャーと共用だという人も実は少なくありません。

しかし、本当は昼は昼用、夜は夜用のナイトブラで分けて使う必要があるって、ご存知でしたか?

しかも、胸の型崩れを防ぐためだけではなく、ナイトブラによって育乳もできるというから驚きです。

今回は、このナイトブラについて、昼用と分けて夜専用のナイトブラが必要な理由や、ナイトブラの選び方をご紹介します!

ブラは胸を守り、形を作るために必要

普段つけている昼間のブラジャーには、次の3つの理由があります。

  • *クーパー靭帯の保護
  • 胸のお肉を固定して型崩れを防止
  • 美しい胸への形成

 

*クーパー靭帯とは、コラーゲン組織で構成されていて、乳腺と筋肉や皮膚を繋いでいるのがクーパー靭帯で、バストを支え吊り上げているものです。

多少の伸縮性はあるのですが、ゴムのように伸び縮みするようなものではありません。

ですのでジョギングなどの運動や日常生活でクーパー靭帯は伸びてしまうとバストの丸みを保つことができなくなり、
形が崩れてしまいバストの垂れの原因になってしまいます。

7引用元:http://www.bodybook.jp/

 

胸は左右~背中にかけて流れていこうとするお肉がありますよね。

放っておけばドンドンとお肉が流れて、形が崩れ、胸が小さくなってしまいます。

そのお肉を本来あるべき理想の位置に戻していく役割をするのがブラです。

また、谷間を作ったり、脇をスッキリと見せたり、胸のトップの位置を高めたり、ブラは自分のなりたい理想の形をサポートてくれます。

ナイトブラの必要性

4引用元:http://by-s.me/

ナイトブラは、そもそもなんで必要なんでしょうか?

スポーツをする人は、運動する時にスポーツブラをしますよね。

そんな風に昼間や、寝るときで必要になるブラジャーの形状は異なります。

その時の姿勢や、運動状況など、シーンに合わせたブラ選びが必要になるんです。

ここでは、ナイトブラがどうして必要で、どんな意味があるのかを解説します。

就寝中に脇・背中に胸が逃げないために必要

ブラジャーをつけずに仰向けに寝てみると、胸はどうなるでしょうか。

体を起こしている時よりも、胸が小さく、左右に流れていきませんか?

仰向けになっていると胸はその自体の重さで重力によって押しつぶされます。

そして押しつぶされた胸の肉は脇に逃げ、背中へと流れていってしまうのです。

左右に逃げた胸は日増しに胸の形を悪くしている原因になっているのです。

このため、夜寝る時は、横や上に逃げていく胸を逃さないためにきちんとブラで全方位を支えておく必要があります。

谷間を消さず、育むために必要

胸の谷間は左右の胸が真ん中の方へ寄ることによってできますが、ブラがないと胸は自由な方向を向きます。

その結果、谷間は浅く、広くなってしまいます。

特に寝ているときは立っているとき以上に、左右に流れていくので谷間がなくなってしまいます。

6時間睡眠だとしても、1日の4分の1の時間もの長い間、本来あってほしい位置からずれたところに胸があるということになります。

それが蓄積され谷間のないバストになってしまうのです。

ですから、ナイトブラを着けることによって、谷間をきちんと維持するのはもちろん、ナイトブラで谷間を作り続ける事で、谷間を育てることにも繋がるんです。

美しい谷間を作るために、ナイトブラは必要なのです。

昼用と併用はダメ?ナイトブラを使う理由

5引用元:http://mtmobilebeauty.com/

胸の形を保ち、固定するというだけであれば、わざわざナイトブラを用意しなくても、
昼間のブラを一日中つけていればいいんじゃないかと思う方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、昼間と寝るときでは姿勢も違えば動き方も違い、昼間に必要な保護も夜は不要だったり、逆に害になるものさえあります。

昼用のブラはナイトブラの代わりにはならないということです。

昼は立ち、夜は寝るという姿勢の違い

身体を起こしている姿勢が基本である昼間に対して、寝ている間はもちろん体は横になっています。

このため、昼間と寝ている間では、サポートすべき方向は同じでも、胸が流れる強さが違います。

昼間はどちらかと言うと下に垂れていきやすいですが、寝ている時はどんな体勢にいても、カップから胸が流れでてしまっています。

昼間が横と下に流れていくなら、寝ている時は全方位に胸が流れていきます。

ナイトブラは胸を全方位へ流れていくのを阻止して、胸を育むために必要なのです。

夜にワイヤーブラは胸の形が崩れてしまう

昼間は動きが激しく、胸のゆれを防ぐために、できるだけかっちりとしたブラを選ぶ人が多いと思います。

ノンワイヤーのブラよりも、胸の形をきっちりと整え、谷間を作るワイヤー入りのブラがほとんどです。

しかし、昼間は重力方向が胸に対して常に下方向ですが、寝ている時は重力の方向が定まりません。

横を向いたり、仰向けだったりします。

重力の方向によって流れる胸の方向が違うので、昼用ブラだと寝ている時に胸がワイヤーをはみ出てしまうのです。

そして、ワイヤー入りのかっちりとしたブラは横になって寝返りを打ったりしていると崩れたり、胸からはみ出たりして、
変な場所でブラが止まってしまって正しくない場所でワイヤーが胸を圧迫してしまうこともあります。

胸を整えるはずのワイヤーが、寝ている時は逆に胸の形を悪くしてしまう原因になりかねません。

昼用のワイヤー入りブラは胸をしっかり支えられないどころか、型崩れの危険があるのです。

強すぎるブラは育乳の妨げになる

体の成長や記憶の整理といった体のメンテナンスは全て、夜22時から2時の間で、寝ている時に行われているといいます。

胸もその例外ではなく、寝ている間に育つと言われています。

寝ている間の育乳には、女性ホルモンの分泌を活発にし、血流をよくして胸に女性ホルモンや栄養を行き渡らせる必要があります。

しかし、昼間のブラは形をかっちりと整えるため、非常にきつく作られています。

立っている姿勢であれば問題ありませんが、横になるとずれて思わぬところが締め付けられたり、
背中のホックが下敷きになることで血流を阻害してしまいます。

血流が良くないとせっかく女性ホルモンが出ていても胸に届かず育乳ができないこともあるため、
寝ている間には適度に締め付けをゆるめ、血流をよくしておくことは必要不可欠です。

締め付けのきついブラで胸の育成を阻害しないために、ナイトブラが必要なんです!

こんなナイトブラが育乳にいい!

翌朝+1カップ!?史上最強のナイトブラ

1引用元:https://pigry.jp/

ネットでも話題の「Agelu ~Premium Night Bra~」をご存知でしょうか。

Agelu のナイトブラは、アンダーバストに当たる部分へのこだわりがあり、内側の加圧生地を二重にしたオリジナルの構造になっており、常にバストのツボを刺激してくれます。

だから、エステサロンでハンド施術を受けているかのような心地よさがあるんです!

また、バストアップだけではなく、バスト以外のスリミングも狙える構造もあり、
背中や脇の下、ウエスト周りといった無駄なお肉をギュギュッと集めてバストに移動するファットリフトベルトが採用されています。
特に魅力的なのが、毎日つけることで下着を外しても理想のバストラインをキープできるようになることなんです。

ただ下着で盛っているのではない、本物の自分のバストを手に入れることができるんです♪

最後に・・・

6引用元:http://bustup-love.com/

ナイトブラは目的に合わせた様々な種類があります。

ここでは育乳できるナイトブラについて、たくさんお話しました。

自分の大切な体をいつまでの綺麗な体系で維持するためにナイトブラは女性にとって必需品なのかもしれませんね。