1引用元:http://bustup.pink/

夜付けて寝ると育乳や美乳効果が得られると話題のナイトブラ。

その快適な付け心地から、昼間も付けたいという人が続出。

ナイトブラを昼間に付けるのはあり?なし?

ここではそんな素朴な疑問について調査してみました。

ナイトブラを昼間につけるのはNG

2引用元:http://01.gatag.net/

まず結論から言うと、昼間にナイトブラをつけるのは避けるべきです。

わざわざ「ナイトブラ」なんて名前がついていることからもわかるように、昼間用のブラとナイトブラでは求められる役割が異なるのです。

役割が異なるのですから、当然、両者では素材や構造が異なります。

そのため、ナイトブラでは昼間用のブラに求められる役割を十分に果たすことができないのです。

昼用ブラとナイトブラの違い

昼間用のブラとナイトブラでは体の動かし方も違うので、ブラの役割が異なります。
では、具体的にこの2つのブラはいったい何が違うのでしょうか。

昼間着けるブラとナイトブラの特徴と役割を比較してみます。

 

昼間用のブラの特徴と役割

3引用元:http://www.tutuanna.jp/

まずは、昼間用のブラの特徴と役割についてです。

昼間用のブラの役割は何よりもまず、しっかりとバストをホールドすることです。

昼間は立ったり、座ったりしているだけでも重力がバストを下に引っ張るように作用するので、その分胸に負荷がかかります。

まして、その状態でジャンプしたり走ったりすれば、バストにかかる負荷はより大きなものになります。

このように、時に激しい運動などでバストに大きな力がかかりがちな日中でも、がっしりとバストをホールドしてその負荷を減らし、形が崩れないようにする。

これが昼間のブラの第一目的になります。

そして昼間は洋服が綺麗に着られるよう、バストは寄せて上げる効果を求める女性が多いですよね。

この寄せて上げる効果は、背中やワキに流れがちなお肉を寄せるワイヤーや構造が特徴的です。

そのために昼間用のブラはナイトブラに比べると堅牢な構造になっています。

 

ナイトブラの特徴と役割

4引用元:http://curet.jp/

次にナイトブラの特徴と役割についてです。

もちろんナイトブラも大切なブラのひとつです。

ナイトブラにもバストをホールドする機能はもちろんあります。

ナイトブラは、寝ている間に胸が横に流れたり、つぶれたりするのを防いでくれる機能があります。

ですから昼間用のブラと違い胸の形を整えてくれるような構造になっているものが多いです。

バストのふくらみ部分は、締め付けず優しく包んでくれ、アンダーバストや脇・背中は、少し強めの伸縮であるなど、箇所によって布地の質が違い立体的に作られていることもあります。

中には、背中や脇のお肉を胸に持ってこれる効果があるナイトブラもあり、全般的にバストメイクやバストアップの役割を果たします。

寝るとき用ですので、苦しくないよう伸縮性の高い布地が使用されており、睡眠を妨げない快適なつけ心地になっているのが特徴です。

後藤真希さんがバストアップしたナイトブラとは?!

昼間にナイトブラをつけると・・・

では、昼間にナイトブラを着けるとどのようなことが起こるのでしょうか。

起こり得るデメリットについて考えてみましょう。

5引用元:http://nekomusume.oops.jp/

 

バストラインが崩れる

昼間用のブラの特徴と役割は、昼間は夜に比べてバストに大きな負担がかかります。

それにもかかわらず、ホールド力の弱いナイトブラを着けていると、バストを支える筋肉であるクーパー靭帯が伸びて、胸が垂れてしまうことにつながりかねません。

心地よい肌触りと付け心地だからと言って、ナイトブラを昼間に付けるのはやめましょう!

とくにバストの大きな人や日中に激しい運動をする人は要注意してください。

必ず、しっかりとバストをサポートできる昼間用のブラを着用してくださいね。

 

バストが横に流れる

昼に十分なホールド力のないブラを着けることのリスクは、バストが垂れることだけではありません。

バストはそのほとんどが脂肪でできていますが、その脂肪には流動性がある、ということはご存知でしょうか。

簡単に言うと、脂肪はある場所から別の場所へ移動することがある、ということです。

昼にホールド力の弱いナイトブラを着けていると、バストの脂肪がワキや背中に移動してしまう可能性があります。

そして連日、ナイトブラを昼間につけることによって、脇肉や背中の肉となって定着してしまうのです。

 

透けてしまう

ナイトブラはよる、睡眠時に着用するためのブラと想定して作られているので、パッドの入っていないものや生地が薄いものは、乳首が浮いてしまう可能性があるので薄着の時は要注意です。

昼間用のブラではパットがついていたり、この点は当然のように配慮されているので、普段あまり気にしないかと思います。

昼間用のブラとナイトブラとでは、使われている素材や構造が異なることに改めて注意しておきましょう。

スポーツブラをナイトブラに代用するのもNG!

6引用元:http://www.aeo.jp/

ワイヤーがなかったり、柔らかい素材で作られていることから、スポーツブラをナイトブラに代用できるのではと思う人も多いようですが、こちらも答えはNGです。

スポーツブラは、その名のとおりスポーツをする時に着けるために作られたブラです。

スポーツをすると、胸が上下に揺れてクーパー靭帯を痛めてしまう可能性がありますが、スポーツブラを着用することで激しい上下運動から胸を守ってくれるのです。

運動に特化しているので、もちろんワイヤーは入っていません。

ナイトブラと違い、胸を固定する力が強くできているので、どちらかというと締め付けは強め。

肩紐はピチッとしてずれないようになっており、着け心地は少し窮屈に感じるほどです。

それでも、激しいスポーツをする時は胸のクーパー靭帯を守るためにもスポーツブラを着用することが必要です。

ですから、見た目はよく似ていますが、スポーツブラはスポーツ時に、ナイトブラは就寝時に特化してバストをサポートするため、それぞれの使用目的・役割は全く違います。

スポーツブラは、運動時バストの上下の揺れを防ぐ効果は高いのですが、ナイトブラと違い寝ている間にバストが横に流れていくのを防ぐ機能はありません

そのため、バストは寝返りするたびに左右へ流れてしまうんです。

もちろん、ノーブラよりはマシですが、ちゃんとバストをホールドしたければやっぱりナイトブラがいいでしょう。

7引用元:http://kakaku.com/

もちろん、その逆にスポーツブラをナイトブラで代用は?

もちろん、それもNGです。

スポーツブラは上下の揺れを抑え、クーパー靭帯の損傷を防ぐ機能があるということはご説明しましたね。

でも、ナイトブラにはスポーツブラと違い、上下の揺れを抑えるほどの強い圧迫力はありません。

寝ている間のバストの横流れは防いでくれますが、運動時の激しい揺れにナイトブラでは対応できません。

誤ってナイトブラを着けて激しいスポーツをしてしまったら、クーパー靭帯を痛めてしまうかもしれません

一度伸びたり、切れてしまったクーパー靭帯は修復や再生ができないと言われていますので、避けておきましょう。

機能的ナイトブラ

寝ている間の育乳効果が期待できると話題のナイトブラが「Agelu ~Premium Night Bra」。

9
引用元:https://pigry.jp/

垂れ下がったバストの位置を、元の位置に戻しリフトアップ!

さらには、寄せられた贅肉も固定させながら一緒に揉み解すのでメリハリボディーが期待できるんですって!

そして、移動させた脂肪を安定させて固定するよう導いてくれるので、スッキリとしたバスト周りに。

さらには、このベルトが大胸筋に働きかけ1分間に筋肉の収縮運動を300%アップしてくれるので、より効果が期待出来るのだとか。

この仕組みにより、寝ている間でも、無駄なく理想的なバストラインを作り出してくれるのだとか。

8
引用元:http://beautylady1.com/

最後に・・・

10引用元:http://bustup.pink/

夜は夜、昼は昼に合った機能があることが分りましたね。

ナイトブラは、着用することによりバストアップ効果が期待できたり、睡眠時もバストに邪魔をされず寝ることができます。

ナイトブラの付け心地の良さや、機能性の効果をぜひ、あなたのバストで実感してみてくださいね。