胸が小さいことがコンプレックスだという人は多いですが、遺伝の要素が大きいと諦めていませんか?

実は、毎日の筋トレでバストアップや、バストアップしたように見せることは可能なんです!

バストアップに効果がある筋トレ法をご紹介します。

筋トレでバストアップは可能?

girl-in-the-gym-1391369_960_720

貧乳で悩んでいる人の多くが、貧乳か巨乳かは遺伝で決まると思い込んで諦めてしまいがちです。

確かに、遺伝的な原因もありますがそれは全体の3割にも満たないそうです。

つまり、貧乳の原因の多くは遺伝以外にあるわけですから、努力次第でいくらでもバストアップは可能ということです。

では、よく筋トレによるバストアップ法がありますが、筋トレは本当にバストアップ効果があるのでしょうか。

バストのほとんどは脂肪でできているため、筋肉をつけても意味はないと思うかもしれません。

でも、バストは筋肉の土台があってその上に脂肪が付いている構造ですから、いくら脂肪があっても、そのバストを支える筋肉がなければ、胸が垂れてしまったり、脂肪が背中やお腹、腕に流れてしまい、結果貧乳になってしまっていることがあります。

ですから、バストを支えている筋肉を鍛えることで、バストを正しい位置に釣り上げ、上向きの綺麗なバストにすることができます。

これだけで、バストアップする人もいますし、もしサイズは変わらなくても、垂れていた胸が正しい位置にキープされるだけでもバストアップしたように見えます。

また、胸の筋肉を鍛えることで血行が良くなることでバストアップ効果が期待できます。

冷えや凝りによって血行が悪くなると、栄養素や女性ホルモンをきちんと胸に届けられなくなります。

筋トレはバストアップのために必要な栄養素や女性ホルモンが滞ってしまうのを防ぎ、血流を改善しバストアップ効果が期待できるのです。

バストアップのために鍛えるべき筋肉は?

abs-1850926_1920

♦︎大胸筋

まず、バストアップのために最も重要となる筋肉が大胸筋です。

先ほど述べた、バストの土台となる筋肉なので、大胸筋を鍛えることで、胸全体を支えることができ、垂れた胸のバストトップを正しい位置にキープできます。

バストトップが上がることで、胸は大きく見えますし、上向きの綺麗な形に見えます。

♦︎小胸筋

バストアップのための筋トレ法として、大胸筋さえ鍛えれば良しと思われがちですが、実は、バストアップには以外にも重要な筋肉があるんです。

その1つが小胸筋です。

大胸筋の下に隠れるようにある筋肉は、バストの上部に位置しており、バストを引き上げる筋肉です。

また、小胸筋は胸に栄養や酸素、そして女性ホルモンを運ぶ働きがあります。

バストを作るのは脂肪と乳腺ですが、乳腺は女性ホルモンの刺激によって発達するため、女性ホルモンを運ぶ小胸筋はとても重要なのです。

小胸筋を鍛えて、バストを引き上げ、また女性ホルモンをきちんとバストに送り届けてバストアップに繋がることができます。

♦︎胸鎖乳突筋

小胸筋と同じように、バストの上部に位置し、首と胸とを結ぶ筋肉の1つとして胸鎖乳突筋も挙げられます。

こちらもバストを引き上げるために必要な筋肉なので、この筋肉を鍛えて、垂れないハリのあるバストを目指しましょう。

バストアップ筋トレ法 ①大胸筋

では具体的に、これらの筋肉を正しく鍛える筋トレ法をご紹介します。

まずは、バストの土台となる最も重要な筋肉である大胸筋を鍛える筋トレ法からです。

筋トレは、正しく行わなければ、鍛えたい筋肉をきちんと鍛えることができなくなるので、ポイントを押さえ正しく行いましょう。

♦︎合掌のポーズ

maxresdefault

引用元:https://www.youtube.com

  1. 胸の前で両手のひらを合わせ合掌のポーズをとります。このとき、腕は地面と水平になるようにします。
  2. 両手のひらを強く押し合った状態を10秒間キープします。
  3. 息を吐きながらゆっくりと腕を前に伸ばします。
  4. 1〜3を10回繰り返します。

とても簡単なエクササイズなのでテレビを見ながらリラックスした状態で出来ます。

お風呂上がりなど、血行が良くなっているときに行うとより効果が得られます。

筋トレは、鍛えている筋肉を意識して行うことが大切なので、大胸筋の筋肉に意識を集中させて行いましょう。

♦︎バストアップのための腕立て伏せ

o0424028313492592309

引用元:https://ameblo.jp

  1. 肩幅より少し広めの位置で床に手をつきます。
  2. 手首と肘が一直線になるようにして、そのまま、肘が開いたり内側に入ったりしないよう、まっすぐ状態を下ろします。
  3. この腕立て伏せが10回程度連続してできる位置に膝をつきます。体から膝が遠いほど負荷がかかるので、正しい方法で10回きちんとできる位置に調整してください。

大胸筋を鍛える筋トレの王道が腕立て伏せですが、手と手の幅や、膝をつく位置によって鍛えられる筋肉が変わってきます。

バストアップのために必要なのは大胸筋なので、二の腕に負荷がかからないよう、大胸筋が鍛えらるよう、肩幅より少し広めに手をつくことがポイントです。

バストアップ筋トレ法 ②小胸筋

続いては、バストを上に引き上げ、女性ホルモンや栄養素をバストに送る働きのある小胸筋を鍛える筋トレ法をご紹介します。

♦︎リバースプッシュアップ

ninoude4

引用元:https://santtie.com/entry/4135

  1. 椅子を用意して、明日の前に立ちます。
  2. 膝を伸ばした状態で、椅子の座面に、肩幅より少し広めの位置で両手をつきます。
  3. そのまま肘を90度に曲げていき、ゆっくり元の位置に戻します。
  4. これを5〜10回、3セット行います。

プッシュアップとは、腕立て伏せのことを言います。

つまり、リバースプッシュアップとは、逆向きの腕立て伏せというわけです。

この筋トレでも、肩幅より少し広めに手をつくことが重要です。

小胸筋を意識して行いましょう。

♦︎小胸筋の凝りをほぐすエクササイズ

pectoralmuscle-1

引用元:https://kusuda-sekkotsu.com

  1. 壁に対して横向きに立ちます。
  2. 壁側にある腕を後ろに伸ばし、手のひらを壁につけます。
  3. 体や腕は動かないようにして、手のひらを上を向けていきます。
  4. その状態を10秒キープして、逆の腕も行います。

小胸筋は、デスクワークやスマートフォンの操作など長時間前のめりの姿勢が続くと、凝り固まりやすい筋肉です。

いくら筋肉を鍛えても、筋肉が凝り固まっていると、血行が悪くなり、筋肉の十分な役目を果たせません。

ですから、筋トレと同時に小胸筋の凝りをほぐすエクササイズもおすすめです。

バストアップ筋トレ法 ③胸鎖乳突筋

小胸筋と同じように、バストを引き上げる役目を果たす胸鎖乳突筋。

こちらも同時に鍛えることで、ダブルでバストを引き上げ、ハリのある上向きバストを作ることができます。

この胸鎖乳突筋を効率よく鍛える筋トレ法をご紹介します。

♦︎サイドネックフレクション

160328-menu03

引用元:http://kintore-diary.com/160328.html

  1. 額を通るようにタオルを頭に巻きます。
  2. 片方の手で、タオルの両端を持ちながら横に引きます。
  3. 首が引っ張られるのとは逆に首を倒し、ゆっくりと戻します。
  4. 今度は、逆の手で持って同様に行います。
  5. 10回〜20回、3セットを行います。

タオルを使った簡単なエクササイズです。

首に負荷がかかりすぎないよう、急に引っ張ったり戻したりせず、ゆっくりと行いましょう。

胸鎖乳突筋に負荷がかかるのを意識するのが大切です。

ナイトブラもおすすめ

筋トレによってバストトップが可能であることはお分りいただけたかと思います。

筋トレは、隙間時間にできて、動画も必要ないものばかりなので毎日続けることが可能です。

しかし、筋トレだけでは少し不安だという方におすすめなのが、夜寝るときにつけているだけで、バストアップ効果が期待できるナイトブラです。

♦︎アゲール プレミアムナイトブラ

Screenshot_16

引用元:http://kintore-diary.com/160328.html

こちらは、背中やお腹などにバストの脂肪が流れるのを防ぎ、正しい位置にバストをキープしてくれる矯正下着としての役割と、着圧によりリンパの流れを作り血行改善し、乳腺を刺激してバストアップさせるナイトブラ。

着ているだけで、バストをリフトアップし、同時に大胸筋や乳腺に刺激を与えることができるのです。

詳しくはこちらでどうぞ。
→Agelu Premiumナイトブラの公式サイト

まとめ

バストが小さいのは遺伝のせいと決めつけていた人も、今すぐから始められるバストアップのための筋トレ法。

決して、遺伝のせいではなく、努力次第でバストアップは可能なのです。

毎日の継続が大切なので、隙間時間にできる簡単な筋トレから試してみてくださいね!

試す前に必見!ナイトブラの失敗しない選び方!
↓↓↓%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3